探偵求人のミカタ

探してみると意外と出てくる探偵の求人情報。あなたは見たことがありますか。まさか普通の求人サイトに探偵求人が載ってるなんて思いもよらないですよね。
しかしネットで「探偵の求人」や「探偵のバイト」なんて検索すれば、実はすぐに探偵の求人情報は出てきます。
よく考えてみると、探偵だって普通の企業。求人情報サイトや求人情報誌に「探偵募集」「調査員募集」の広告が時折はいっていても、おかしいことではありません。ただ「探偵募集」の広告に自分だけが気づく。なんてことはなく、「小説の中やドラマで見る探偵が大好きで、自分もいつかなりたいと思っていた。」と考える探偵好きが、自分の探偵姿を夢を描いて求人に応募してくる事は結構あることなのです。面接や試験を受ける時は一人でも、何人もの応募者がいる状況は実はとても多く、当人だけが激戦をくぐり抜け採用されたことを知らないなんてこともあります。

せっかく狭い門をくぐってきたにもかかわらず、すぐにやめてしまうバイトや社員がいる。そんな人が多いのも探偵の求人の特徴です。

「想像していた探偵の仕事とは全然違う。」調査に同行してみれば、現実の過酷さに耐えきれず、早々にやめてしまう人も少なくないようです。
「探偵は甘くない。」と言うよりも、調査という仕事は「やってみるとかなり過酷」な仕事です。
早朝から調査に出かけることもあれば、深夜まで調査を行ってることも日常的にあります。また採用されたからといって、すぐに調査に出られるというわけではありません。事務所の中の仕事、接客や電話応対だってもちろんマスターしなければなりません。また調査員として調査に出かけるためには、探偵の調査に関わる法律など、調査に出るために必要な知識を習得してからでなくてはなりません。

このサイトでは、探偵求人に興味がある人に向けた情報を掲載しています。探偵への就職の前に知っておきたい情報です。
理想と現実都の違いを知り、人の役に立つ探偵の仕事を知るために、是非参考になさってください。


上手な求人募集の探し方

バイトや社員などの求人募集を見つけるのは他の業種だと、求人情報サイトや無料の雑誌から探すことが出来るので、簡単だと思うでしょう。
しかし、探偵の場合には、求人雑誌から見つけるのが難しかったりします。
その理由としてして、求人雑誌などに掲載するよりも、自社のホームページを使って求人募集をしている探偵事務所、興信所が多いからです。
ですから、探偵の求人募集を探すなら、求人サイトや雑誌を見るだけではなく、インターネット上の探偵事務所のホームページから探す必要があります。

ここでは、そんな探すのが難しい探偵の求人情報をどうやって探すのかを詳しく説明をして、さらに、探偵になるためには何をどうすればいいのかを知ることが出来ます。


探偵になりたい方

探偵になる方法は、既存の探偵事務所、または興信所に入社して、調査員として働く方法と、自分で届出を出して探偵になる方法の2つの方法があります。

既存の探偵事務所、または興信所に入社して、調査員として働く方法では、入社した事務所で探偵としてのスキルを身につけることができ、調査に集中することができるので、技術や調査のノウハウを早くに身につけることができます。

いっぽう、自分で探偵として届出を出して調査活動を行う場合は、営業など自分ですべてしなくてはならないため、調査以外に時間を割く必要があったりします。
ただし、自分の事務所を持つということは一種の憧れのようなもので、そこに魅力を感じて、自分で登録をして事務所を構えるという人もいます。

どちらの方法がより良いのか、それは、探偵になる人が判断する部分かもしれませんが、技術面に不安を持つのであれば、既存の探偵事務所または興信所に入社して、調査のノウハウを学んでから、自分で探偵の届出を出して、事務所を構えるというのが一番理想なのかもしれません。

探偵になる方法は2つありますが、それぞれ2つの方法のメリットとデメリットをよく理解して、どちらを選択するか考えることが大切です。



サイト紹介